原山NEWS

静岡市の隠れた名所2「大谷崩」2016.10.31

img_3520静岡市の隠れた名所を紹介する第二段です。静岡市葵区梅が島の赤石山地南部にある「大谷崩」です。写真でも分かるように、山が大きく崩落しています。最大の崩壊は1707年の宝永地震に伴って生じたとされています。崩壊面積は1.8平方キロメートル、幅1800m、高低差800m、深さ700mで崩れた土砂は東京ドーム約100杯分と言われたいます。ただ宝永地震1回で崩れたわけではなく数百年~数千年で複数回の大規模な崩壊があったと推定されています。見上げると崩壊の爪跡がハッキリと分かり、地震の凄まじさが想像されます。「河内の大石」も同じですが、改めて自然のパワーの凄さを実感させる景勝地でした。

>この記事を表示原山NEWS2016年10月|10:25:37

静岡市清水区の隠れた名所「河内の大石」2016.10.17

img_5089株式会社原山は、旧清水市に創業して61年が経ちます。静岡市清水区は清水エスパルス、ちびまるこちゃん、清水の次郎長で有名ですが、隠れた名所があります。私も静岡に54年ほど暮らしていますが、知らない名所があります。オクシズ百選として静岡の隠れた観光名所のひとつです。「河内の大石」と言われる高さ19m、周囲60mの巨大な石です。静岡市葵区平野にある「真富士山」(標高1343m)の中腹にあった巨石が、1854年に起きた安政の東海地震で崩れ、翌年の豪雨で発生した土石流によって約1.6kmも流されてきたものだとされています。現在はこの石が安山岩であることにちなみ、「日本一の安山岩」と称して、安産の神様として「大石神社」として祭っています。こんな石が転がってきたら大変のことになっていたなと、想像するだけで驚きを通り超えています。

>この記事を表示原山NEWS2016年10月|09:07:05

ウェアラブルターミナル               「ウェアラブルが現場を変える」2016.09.26

IMG_0440株式会社ウエルキャットのウェアラブルターミナルの紹介です。ハンディーターミナルを持つことなしに、指差しで読み取りができます。多段、複数読み取りに対応します。ICタグの読み取りに対応しています。ウェラブルターミナルを使うと①無駄な動作を削減して作業効率を高めます。②破損や故障を削減して安全性を高めます。③豊富なI/Fの搭載で連携性を高めます。④WEBプラウザ搭載で汎用性に優れています。⑤本体重量はバッテリーを含み84gです。⑥カラー液晶のタッチパネル/ブザー/3色のLED/音声再生で色々な表現力があります。⑦手首用、手甲用の専用アタッチメントがあります。IMG_0439

>この記事を表示原山NEWS2016年9月|18:38:19

ねじの社内勉強会を開催しました。2016.08.30

IMG_0369IMG_0372ねじの勉強会を、八幡ネジ株式会社さんの協力で開催しました。ノルトロックワッシャは、クサビ状のカムを使ったウエッジロッキングの機構の為、激しい振動や衝撃にも、ボルトの締結部を安全に固定する事ができて、新幹線にも使われていて高い信頼性があります。ヨーロッパでは、星型のトルクスネジが多く使われています。JIS規格がISO規格に移行しつつあります。外見上は、あまり変化のないネジですが、色々と変わりつつあります。ねじは、レオナルドダビンチが発明したと言われています。また、ねじが日本に始めて登場したのは、種子島銃が渡来した時だと言われています。どこにでも見かけますが、これがないと色々な機械が組み立てられません。大切な商品です。派手さはない商品ですが、奥が深い商品です。最近はアートにもなっています。まだまだ勉強です。IMG_0380

 

>この記事を表示原山NEWS2016年8月|15:33:19

THK免震システム2016.07.25

IMG_0415THK株式会社の免震システムで、震度7の地震のゆれと、免震装置をつけたときのゆれの違いを体験させていただきました。東日本大震災に匹敵する地震のゆれです。写真のバーを取り付けたテーブルで、しっかりとバーを持って座ったのですが、激しい揺れで、バーを持つ手を外したら、座っていられません。確実に飛ばされてしまいます。とても立っていられない状態です。すごいゆれだと思いました。予めゆれるのが、分かっていてバーを握っているわけですから、対応ができますが、突然地震きたら、普通はバーなどないわけですから、たぶんパニックになってしまうと思います。THKの免震システムをつけた状態で、座りますと、もちろんゆれは感じますが、飛ばされ事はありません。縦ゆれには対応できませんが、横揺れに対しては直動システムが作用してゆれを大幅に軽減させます。地震の初動に対してどうしようか、考える余裕ができるのではないかと思いました。建物などの構造物につけて免震をします。サーバーなどコンピューターシステム、美術品の架台、もちろん製造ライン、工作機械にもつけて免震をします。IMG_0426

>この記事を表示原山NEWS2016年7月|09:46:33

このページのトップへ