ダイヤフラムポンプの社内勉強会を開催しました。

株式会社ヤマダコーポレーションの、ダイヤフラムポンプの社内勉強会を開催しました。弊社では、ヤマダコーポレーションのグリスガンやカートリッジグリスを、在庫して販売しています。ダイヤフラムポンプについては勉強不足なので、昨年のインターフェックスでダイヤフラムポンプを見て、勉強会をお願いしました。ダイヤフラムポンプの構造はシンプルで、文字通りダイヤフラムをエアーで、往復させて流体を移動させます。動力源がエアーなので防爆になります。溶剤やアルコールなど燃えやすい液体搬送に最適です。小さな固体粒子が、液体中に交じり合ったものでも搬送できます。廃液回収や鉄粉など、スラッジと呼ばれる液体の搬送ができます。オールフッ素樹脂のポンプもあります。酸やアルカリなど、危険な薬品も搬送できます。サイズは1/4~3インチ。吐出量は1~450L/minです。石油化学工場、半導体、製紙など色々な産業で使われています。昨年の最後の勉強会でした。取扱商品が多いので、まだまだ勉強することはたくさんあります。新商品もどんどん作られています。今年も昨年以上の勉強会を開催して、商品知識を付け、少しでもお客様へのお役立ちができればと思います。

関連商品

  1. 消毒用トレー サニトラックス

    工場の出入り口での靴底衛生対策用マットの紹介です。消毒用トレー サニトラックスは転倒防止対策ができます。トレー内の突起でスリップ、転倒を防止します。

  2. サニタリーポンプの社内勉強会を開催しました。

    株式会社ヤマダコーポレイションのサニタリーポンプは分解洗浄がたやすくできて、工具が要りません。弊社の社員が組立を行いましたが、4分30秒ほどで組みあがりました。

  3. FUJIKINの排水浄化システム

    FUJIKINの排水浄化システムは、省エネ型、低ランニングコストです。コンパクト設計で設置面積が小さく、比較的低差圧での濾過が可能なため、低消費電力でのポンプで運転可能です。その為イニシャルコストも、ランニングコストも低く抑える事が可能です。

  4. ヨシタケのWi-Floは配管の状態を管理します。

    株式会社ヨシタケのWi-Floはパソコンで流体・機器の稼動状態を管理できます。スチームトラップ作動・圧力・差圧・振動・温度・流量などの計測データをワイヤレスによりモニターパソコンで確認して、現場を巡回する工数を低減させます。

  5. 蒸気ロスをなくし、コスト削減ができる。 ピンチ・スチームトラップ

    ピンチ・スチームトラップは蒸気のロスをなくして、大幅にコストを削減します。動作原理は温度に敏感に反応するハイドロカーボン・ワックスが、凝縮水や蒸気の温度に反応して膨張・収縮を繰り返すことで、モジュレーター(弁体)をゆるやかに開閉させます。

  6. エアー駆動式サニタリーポンプ・フッ素樹脂製ダイヤフラムポンプ

    ヤマダコーポレーションのエアー駆動式サニタリーポンプ・フッ素樹脂製ダイヤフラムポンプの紹介です。サニタリーポンプの特徴は、エアー駆動式でシンプルな構造のため、清掃等のメンテナンスが容易なことです。

ページ上部へ戻る